CakePHP 2.5.7がリリースされました

元記事はこちら
by markstory

CakePHP コアチームは CakePHP 2.5.7 が入手可能になったことをお知らせいたします。2.5.7は2.5系のバグフィックス・リリースになります。

CakePHP コアチームは CakePHP 2.5.7 が入手可能になったことをお知らせいたします。2.5.7は2.5系のバグフィックス・リリースになります。変更点の概要は以下のとおりです:

  • CakeEmail のEメールアドレスパターンの設定を解除する方法が仕様通り動作するようになった
  • コンソールツールは失敗時に non-zero で終了するようになった
  • SchemaShell で、スキーマクラス名の語形変化が修正された
  • SQLite データソースで、サブクエリを含むクエリでフィールド名を正しくパースできるようになった
  • TreeBehavior はモデル内でデフォルトの並び順(order)が定義されている場合、定義通り動作するようになった
  • HttpSocket で、無効なレスポンスデータの取扱が改善された
  • HttpSocket で、バージョン設定オプションを受け入れるようになり、HTTP 1.0接続ができるようになった
  • Postgres データソースで、スキーマ外で定義されたシーケンスに対応した
  • CakeEmail で、’0’だけを含む行を削除しなくなった
  • Memcached キャッシュエンジンで、さらにセグメンテーション違反が修正された
  • キャッシュされた file_map で、リクエストごとに再生成されなくなった
  • CakePHP は phpunit.phar パッケージと互換になった
  • APIドキュメントが改善された。トリガーされたイベントについての記述が具体的になった。

cakephp.orgにて変更点の一覧をご覧いただけます。このリリースに関わってくださった皆さんに感謝します。バグチケット、ドキュメントの編集、パッチやプルリクエストはCakePHPを活かし支える大きな部分です。
githubからパッケージリリースのダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です